近年は、千葉に限らず、全国どこでも家族葬や火葬場での葬儀を選ぶご家族が増加傾向にあり、故人の意向などで小さなお葬式をしたいという人も増えています。

特に火葬場での葬儀は人気で通夜を行わず火葬場と葬儀場が一緒になった場所で一度に行うという形も珍しくなくなっています。

こちらの方が参列者に何度も足を運ばせることもありませんし、時間も短縮でき費用も安く済むのが人気の理由のようです。

最近は、千葉等の都心近くは特にお葬式のあり方などに関心を持っている人が増えて火葬場のみのお葬式にも理解度が深まっているのが原因の一つです。

お葬式に対する理解度は終活が増えた事も影響しています。

お葬式をやっている会社や団体などが主催して終活を行い、その中で火葬場での葬式もありなんだということが広まっています。

有名人が火葬場で身内だけのお葬式を行い、後日お別れ会というのもあり、一般の人にも同じ様な形を取る方がいます。

一般的なお通夜とお葬式、火葬場というのも悪くは無いのですが、初七日まで終わらせようとすると丸二日家族だけではなく親戚なども仕事を休ませなければならなくなります。

忙しい現代人には火葬場でのお葬式スタイルが合っているのかもしれません。

しかし、千葉でも地元意識が高い地区等ではなかなか受け入れられない地域もありますので、周りの意見も少し聞いてから決めるのが無難かもしれません。

故人の意思も重要ですが、のちのち親類などと揉めるような事が無いようにしてください。